bansyu_sub_banner820A.jpg

播州織との出会い

播州とは現在の兵庫県西脇市、
北播磨のあたりをさします。

播州地方は綿先染め織物が産地で、
播州織の歴史は200年以上になります。

 

私は以前、日本の綿織物について調べていた所、
日本の先染め綿織物の播州織は
世界でも評価の高い織物と知りました。

 

そこでいくつかの機屋さんにお話を伺いながら、

今回は縁あって織馬鹿・高瀬さんの織物に

出会うことができました。

 

播州織の特徴は綿の先染め織物です。
先染めにすることによって、
深みのある、きれいな色に染まります。

 

また使い込みことにより、味わい深い

やわらかな風合いにもなります。
そして丈夫です。

 

中でも織馬鹿さんのジャカード織は
細い糸を単糸使いしたジャカード織の為、

ふんわりと軽くて柔らかく、

ジャカードのもつ凹凸感がとても素敵なのです!

織柄は現代風にアレンジされていて

洋服に合わせやすく使いやすい。

 

伝統的な織物の技術を大切にしながらも、
’今っぽさ’のある、そして、使えば使うほど
軽さと馴染みのでてくる播州織。

 

色と風合いにこだわったストールは老若男女ともに、
一年通して快適に使える

日々の生活に’ちょうど’のストールです。

 

その中から特におすすめの6型をご用意しました。