出雲に行きたい!

出雲といえば・・・

出雲と言えば、みなさんが思い起こすのは出雲大社だと思います。縁結びで有名な神社ですよね。

他にも出雲のある島根県には夕陽百選にも選ばれている宍道湖(しんじこ)や、国宝5城の1つ松江城

世界遺産の石見銀山。歴史と文化が息づく「山陰の小京都」と呼ばれる津和野町など見どころがいっぱいです。

では今一度、位置関係を見てみましょう。

島根県は本州西部、日本海岸部にある

東西に長い県です。

 

私は島根と鳥取の位置関係が、あやふやに

なることもありますが、島根の方が西側で

山口県に隣接しています。

 

その中でも、県庁のある松江市や出雲市は

東部側にあり、石見銀山のある太田市は

中部寄り、津和野は最西端に位置します。

そして日本海上には隠岐の島もあります。

 

また、空港は東に出雲縁結び空港

西に萩・石見空港。そして隠岐の島町に

隠岐世界ジオパーク空港と3つあるので、

アクセスは良好です。

​出雲は日本神話の地

まず私が出雲・島根県に興味を持ったのは、島根県最東部にある安来市にお世話になっている知人がいたからです。

安来市は、どじょう踊りの安来節(やすぎぶし)や最近では庭園日本一の足立美術館が人気スポットになっていますが、

出雲国風土記よりスサノオノミコトが「安来く(やすけく)地」と命名されたと伝えられている歴史深いところです。

スサノオノミコトといえば、言わずと知れた古事記に出てくる有名な神様ですが、

これを機に古事記を簡単に調べてみました。(YOUTUBEですが・・・)

 

すると、出雲の歴史の深いこと深いこと。そもそも日本の歴史は出雲から始まっているんですね。

イザナギとイザナミ、アマテラスオオミカミ、スサノオノミコト、オオクニヌシノカミなど

聞いたことある神様や、ヤマタノオロチ、因幡の白兎などの神話も出てきて

いまさらですが、日本の成り立ちに触れてその源に立つ出雲にさらなる興味が湧いてきたのです!

このように、出雲・島根県には見どころも多いのですが、観光情報は他にいっぱい載っていますので

やはり私としては伝統と歴史に裏付けされた織物に触れるスポットについてご紹介したいと思います。

★安来市【結工房】

まずは戸谷昌代さんの工房。戸谷さんとは、安来市の知人にご紹介を頂いて、当店で作品を

取り扱わせて頂いたり、これまでも何度か当店のイベントにご協力を頂いておりました。

今回、戸谷さんとのインタビューを通じて、改めての織物に対する考えを深く知ることができました。

実際に工房に足を運ぶことで、作品の魅力をより知ることができると思います。

★安来市【出雲織 のき白鳥の里】

「出雲織 のき白鳥の里」は、たくさんの白鳥が飛来する安来の白鳥ロード沿いにある農村公園です。

茅葺き屋根の施設では、自ら糸を紡ぎ、藍を染めるといった伝統的な出雲織の第一人者である

青戸柚美江さんの製作過程・作品展示を見学することができます。(※)見学要予約

また、白鳥観察棟もあり至近距離で白鳥ウォッチングも楽しめます。

★出雲市【木綿街道】

江戸から明治にかけて木綿の集散地として栄えた出雲市平田地域。

のちに「木綿街道」と称される一帯には、今も切妻妻入塗家造(きりづまつまいりぬりいえづくり)の

家屋や白壁の土蔵が軒を連ね、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

古い街並み、風格のある老舗や、歴史ある神社などが残る一方、最近では古い家屋を再利用して

カフェやショップなど新たなスポットも続々誕生しています。

★石見銀山【群言堂本店】

世界遺産・石見銀山のレトロな大森の町並みに本店を構える、言わずと知れた群言堂。

古民家を活用した人気のカフェ&ショップ&ギャラリー。

中庭に面した明るいカフェでは、季節限定のパフェやスイーツなど地元の恵みをふんだんに使った

ランチが楽しめます。

 

また、オーガニックな衣類やオリジナル商品、地元や日本全国から厳選した雑貨なども販売されており、心もお腹も満たされるスポットです。

★松江市【出雲かんべの里】

「出雲かんべの里」は、工芸作家の工房がある「工芸館」。出雲地方の民話を紹介する「民話館」。

様々な植物や昆虫が生息する「自然の森」で構成されています。

工芸館には木工・機織り・籐工芸・陶芸作家の工房があり、各工房では作品展示や工房の見学。

作家さんが直接指導してくれる “ものづくり体験” が楽しめます。

 

館内には作品が買えるセレクトショップ「いろは舎」や、カフェ「丘の上珈琲」。田舎料理が味わえる「かんべ茶屋」でゆっくり過ごすのもおすすめです。

元々西陣織の工場だったところが、キビソを使ったタオル製造に変身。試行錯誤の上、

保湿に特化した浴用タオル「キビソ肌友だち」が完成。今では赤ちゃんからお年寄りまで

安心して使っていただける商品として多くの方に愛用されています。

 

気楽に楽しめる手織り体験では、キビソタオルや色鮮やかな本真綿(正絹)のランチョンマット、

コースターも作れます。ミニコーナーでは職人手織りの本真綿のマフラーや雑貨もあり、

お土産にピッタリ。

その他にも見どころ満載

美術館と劇場が融合する「グラントワ」や、大手化粧品会社のポーラが実施している日本で1番美しい肌をもつ県を決定する「ニッポン美肌県グランプリ」のグランプリを最多受賞している日本一の美肌県としてのグルメ巡り。神話に基づくパワースポット巡りなど。

また「山陰の小京都」と呼ばれる津和野町隠岐の島町などまだまだ見どころ満載の島根県。

 

何度でも訪れたくなるところです。

■出典参考サイト

島根観光ナビ:https://www.kankou-shimane.com/

安来市観光ガイド:https://yasugi-kankou.com/